本文へスキップ

ICHIKAWA HIGH SCHOOL

サイトマップ

スクールライフSCHOOL LIFE

学科紹介

普通科(各学年3クラス)
1年生は基礎学力向上が重点目標で、全員共通の科目を学習します。学習の普通科写真到達度が高い生徒を集めた高習熟度学級が1クラスあります。
2年生は国公立大進学から就職までの幅広い進路が可能なG類型、国公立大・難関私立大向きのLS類型に分かれています。 3年生も国公立大進学から就職までの幅広い進路が可能なG類型、国公立大・難関私立大向きのLS類型に分かれ多種多様な選択科目を用意しています。 1年生は基礎学力向上が重点目標で、全員共通の科目を学習します。学習の到達度が高い生徒を集めた高習熟度学級が1クラスあります。




ALT写真


平成29年8月より着任されたジェニファー・バスコ先生です。日本にルーツを持っていて先生のミドルネームは石田さんです。アメリカのコロラド州出身です。大学時代は心理学を勉強なさっていました。自分の経験やアメリカの良いところを生徒たちに教えたいと思い,日本にやって来ました。教えることが大好きだそうです。


 

英語科(各学年1クラス)
英語が1週間に10時間前後設定され、英語の学力の向上と国際的視野を持った生徒の育成をめざしています。
1クラスなので特に類型分けはしませんが、外国語学部等の文系大学だけでなく、医学部,理学部等理系大学への進学も可能になるように、生徒の実態に即した多様な選択が可能なカリキュラムを用意しています。




進路室より

平成30年度 (31年3月卒業生) 進路概況
きめ細かな進路指導・キラリと光る進路実績 

<小さな高校からの大きな旅立ち>
市川高校生は、部活動に学校行事に全力で取り組み、同時に希望する進路先に現役で合格することを目指します。これを支えるのが職員の一致団結した授業や進路指導です。小論文指導や面接指導も含め、生徒と教師が密接に関わり、全職員が個々の生徒に対応し指導を行う「全員指導体制」を確立しています。

(1)進路決定状況(実数)
在籍 大学 短大 専修 就職 その他 未定
男子 69 49 0
11
4
5
0
女子 82 47
11 13
4 7
0
合計 151 96
11
24
8
12
0










(2)大学・短大合格者数(延べ数、現役生のみ)
国立大 公立大 私立大 国公立短大 私立短大
受験者数 21 42
201 1
11
合格者数 6
15 101
1
10
合格率 28.6% 35.7% 50.2% 100% 90.9%










過去3年間の主な合格大学

○国公立大学

お茶の水女子大学 東京芸術大学 静岡県立大学 新潟県立大学 都留文科大学 千葉大学   東京学芸大学 信州大学 静岡大学 茨城大学 群馬大学 山梨県立大学 群馬県立女子大学 山梨大学 秋田公立美術大学 名桜大学 広島市立大学     富山県立大学 秋田大 金沢大 首都大学東京 高崎経大 東京外大 諏訪東京理科大
鳥取環境大 長野大 新潟大

○私立大学

明治大学 立教大学 同志社大学 日本女子 法政大学 成蹊大学 武蔵大学 順天堂大学 國學院大学 東京薬科大学 名古屋学芸大学 南山大学 明治学院大学 芝浦工業大学    関西外国語大学 昭和大学 獨協大学 北里大学 東京農業大学 立命館アジア大学 日本社会事業大学 日本福祉大学 女子栄養大学 横浜薬科大学駒澤大学 神奈川大学 武蔵野大学 昭和女子大学 中京大学 実践女子大学 文教大学学院大学東京家政大学 東京家政大学   亜細亜大学 日本大学 東洋大学専修大学 東京電機大学 愛知淑徳大学 東京経済大学  創価大学 東京医療保健大学共立女子大学 武蔵野美術大学 多摩美術大学 桜美林大学  鎌倉女子大学 神田外語大学 城西大学 国際医療福祉大学 大妻女子大学 聖隷クリストファー大学岩手医科大学 玉川大学 東京工科大学 佐久大学 立正大学 東京造形大学  鈴鹿医療科学大学 女子美術大学 桜美林大学 帝京大学 国士舘大学 拓殖大学     金沢工業大学 東海大学 常葉大学 日本薬科大学 明海大学 大東文化大学 相模女子大学 千葉工業大学 明星大学 静岡福祉大学 帝京平成大学 帝京科学大学 大阪芸術大学   京都精華大学 修文大学 関東学院大学 淑徳大学 聖徳大学 静岡産業大学       十文字学園女子大学 人間総合科学大学 徳島文理大学 健康科学大学駒澤女子大学    目白大学 山梨学院大学 上武大学茨城キリスト教大学 千葉科学大学 諏訪東京理科大学  神奈川工科大学 東京工芸大学 長野大学 日本工業大学 山梨英和大学 身延山大学 横浜薬科大 酪農学園大 立正大 了徳寺大 麗澤大名古屋外大 東京国際大
国際基督教大  帝京平成大 名古屋外大 開智国際大 江戸川大 和洋女子大 筑波学院大 昭和音大

短期大学

大月短期大学 共立女子短大 国際短大 実践女子短大部 帝京学園短大 山梨学院短大
岐阜市立女短大 創価女短大 常盤大短大部 静岡県大短大部 女子栄養大短大部 女子美大短大部


クラブ活動

部活動(体育部文化部)・専門委員会

活動報告 部活動活動報告のページへ 

部活動

体育部
野球部 サッカー部
男子バスケットボール部 女子バスケットボール部
男子ソフトテニス部 女子ソフトテニス部
弓道部 男子・女子硬式テニス部
空手道部 バドミントン部
文化部
音楽部 美術部
書道部 写真部
吹奏楽部 ESS
茶道部 華道部
ユネスコ部





























専門委員会    

委員会
HR運営委員会 選挙管理委員会
図書委員会 保健委員会
生活委員会 環境整備委員会
りんどう誌編集委員会 りんどう祭実行委員会
視聴覚委員会 スポーツ大会実行委員会
家庭クラブ ボランティア委員会




















健やかに伸びゆく 〜 部活動 〜

 本校の門を一歩はいると美しい歌声と、元気なかけ声が聞こえてきます。放課後のひととき、生徒は各自楽しく充実した高校生活を送っています。本校では生徒の可能性を最大限生かすことができるよう多くの部を設置しています。
 体育局には甲子園出場5回、数度のベスト8に輝いた野球部、国体やインターハイに連続出場している空手道部、関東大会に連続出場し、国体にも出場したソフトテニス部、躍進著しい男子バスケットボール部、バドミントン部をはじめとして剣道、弓道、テニス、サッカー、バレーボール、柔道、の各部があります。
 文化局には県下トップレベルのハーモニーを誇り全国大会常連の音楽部、奉仕の心でがんばるユネスコ部をはじめとして、吹奏楽部、書道、華道、写真、ESS、美術、茶道の各部があります。
さらに、野球応援の時にはチアガールがスタンドに花を添えます。


りんどう祭

龍膽祭
6月下旬の2日間、市川高校学園祭 ”龍膽祭”が実施されます。

 
   
     
     
   



































行事予定

    

2019年度年間行事

4月 前期始業式
入学式、新入生オリエンテーション
実力テスト
りんどう祭オリエンテーション
防災避難訓練
PTA総会
英語科ワークショップ(1年)
 5月 高校総体壮行会
県高校総体
吹奏楽部定期演奏会5月11日(土)YCC県民文化ホール
進路講演会(3年)
第1回定期試験 (5月27日〜5月30日)
夏服移行期間 (〜6月16日)
創立記念日(5月31日)
 6月
龍膽(りんどう)祭(6月26〜27日)
夏服着用期間 (〜9月14日)

7月
三者懇談(7月1日〜4日午後)
夏季休業(7月2日〜8月23日)
夏期課外(1,2,3年)
英語科ワークショップ(1年)
夏期課外・学習会(1,2,3年)
 8月 夏期課外・学習会(1,2,3年)
音楽部定期演奏会 8月12日(土)YCC県民文化ホール
エネルギー教育研修
バイク通学許可式26日
防災学習
学校閉校日 8/13.14.15
 9月 第2回定期試験(9月2日〜5日)
センター試験オリエンテーション(3年)
小論トレーニング(1・2年)
更衣・冬服着用期間(〜10/31)
生徒会役員選挙
運動会・交通講話
前期終業式 
 10月 後期始業式
教養講座
ifキャリア人材バンク事業(1年)
授業公開・進路講演会(1・2年)11日(金)
新人戦
 11月 冬服着用期間開始(〜翌年4月30日)
高校芸術文化祭総合開会式
性感染症講習会(1年)
第3回定期試験(1.2年11月18日〜22日)
 12月 第3回定期試験(3年 2日〜5日)
修学旅行(2年 2日〜5日)
英語科ワークショップ1年(TDR・3日)
進路内定者激励会
冬季休業(12月26日〜1月6日)
冬季課外(3年) 
学校閉庁日 12/29〜1/3
 1月
校内百人一首大会
センター試験(3年)
新設校前期入試
 2月
三者懇談(2月3日〜6日)
第4回定期試験(2月20日〜26日)
 3月 卒業証書授与式(3月1日)
新設校後期入試
生徒総会
スポーツ大会(3月13日)
新校舎引越・生徒は机・椅子の搬入
後期終業式・離退任式(3月25日)



































































































情報誌if

市川高校通信 「 if ]

市川高校では、学校情報誌「if」を定期的に発行しています。
♪♪♪最新号は第64号です♪♪♪


if64号


Back Number
 2006年   if 創刊号  if 第2号  if 第3号  if 第4号  if 第5号  if 第6号
 if 第7号  if 第8号  if 第9号  if 第10号    
 2007年  if 第11号  if 第12号  if 第13号  if 第14号  if 第15号  if 第16号
 2008年  if 第17号  if 第18号  if 第19号  if 第20号  if 第21号  if 第22号
 2009年  if 第23号  if 第24号  if 第25号  if 第26号  if 第27号  
 2010年  if 第28号  if 第29号  if 第30号  if 第31号  英語科特集  
 2011年  if 第32号  if 第33号  if 第34号  if 第35号 if plus
 2012年  if 第36号  if 第37号  if 第38号 if 第39号  
2013年 if 第40号 if 第41号  if 第42号 if 第43号 if plus
2014年 if 第44号 if 第45号 if 第46号 if第47号
2015年 if 第48号 if 第49号 if 第50号 if 第51号 if 第52号
2016年 if 第53号 if 第54号 if 第55号 if 第56号
2017年 if 第57号 if 第58号 if 第59号 if 第60号
2018年 if 第61号 if 第62号 if 第63号 if 第64号

アドビアイコン
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロー
ドしてください。



山梨県立市川高等学校

〒409-3601
山梨県西八代郡市川三郷町市川大門1733-2

TEL 055-272-1161
FAX 055-272-1164

地図google maps)

ご意見ご感想を info@ichikawa.kai.ed.jp までお寄せ下さい。

http://www.ichikawa.kai.ed.jp/php-bin/blog001/bplus/index.php

市川高校緊急連絡ページ

copyright©2012 ICHIKAWA HIGH SCHOOL all rights reserved.

本サイトのすべての文章・画像などの著作は 「山梨県立市川高等学校」に帰属します。 本サイト内の記事や写真等の無断転載を禁止します。