本文へスキップ

ICHIKAWA HIGH SCHOOL

サイトマップ

中学生の皆様へinformation

学校パンフレット・学校通信

平成31年度用学校案内のパンフレットです。ぜひご覧ください。


  校長あいさつ  表紙          英語科       普通科     

         進路情報             前期入試      部活動       

市川高校では,学校情報誌「if」を定期的に発行しています。    ≫ if Back Number
♪♪♪最新号は65号です♪♪♪


 
  if 第64号

 if第63号


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には,Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は,バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

 このページの先頭へ

なんでもQ&A

Q1: 市川高校の特色は何ですか?  
 A:  普通科と英語科があり,小規模ながら文武両面の活動が盛んな学校です。校訓「敬愛自尊」のもと,生徒達は,学業に部活動にと日々勤しんでおり,進路実績においても,各種体育大会等の実績においても,優れた結果を残しています。小規模ゆえに先生と生徒の距離が近く,生徒一人ひとりのためのきめ細やかなプログラムが用意された学校であること,これこそが本校の特色です。
Q2: クラス数・クラス編成はどうなっていますか?
 A: 現在の市川高校は,各学年とも,普通科3クラス,英語科1クラスの,4クラス編成になっています。普通科は,1年生の時は習熟度の高いクラスが一つありますが,2年生からはコース編成を実施し,幅広い進路希望に対応するGコースと,国公立大学や難関私立大学の受験に対応するLSコースに分かれます。 
Q3: 英語科と普通科の違いは何ですか? 
 A: 教育課程(カリキュラム)が違います。高校では,どの授業を週何時間実施するかを学校ごとに決めていますが,本校の英語科では,国際化に対応できる人材の育成を目指して,英語に力を入れたカリキュラムになっています。また,英語の実用力を磨くために,ワークショップなど,英語科特有の行事も行われます。もちろん,英語以外の教科もしっかり勉強し,大学進学のための実力を鍛えます。 
Q4: 英語科にはどんな人が向いていますか? 
 A: 英語科では,英語の授業時間数が多いので,授業にしっかり取り組むことで確実に英語の力を身に付けることができます。ですから,英語が好きな人や得意な人がさらに英語力を伸ばすのに最適であることはもちろん,理数系は得意だけど英語はあまり得意ではないという人にも向いています。理数系の人は,大学進学後英語で書かれたテキストを読むことが多く,また,就職後は海外の人達と英語でコミュニケーションをとることも多いそうですから,絶対英語力が必要です。理数系に進もうと考えている人にも,英語科のメリットは大きいのです。 
Q5: 英語科でも理系の大学・学部に進学できますか? 
 A: 理系に進学しようとしている人にとって,英語科で学ぶことは,受験においてもその後の将来においても大いに役立ちます。実際に,英語科が創設されて20年以上経ち,多くの卒業生が巣立っていますが,記録の残っている卒業生692名のうち,理系の学部へ進学した人は237名で,その割合は約34%にもなります。多くは,国公立大学の薬学部,工学部,理学部などへ進み,中には国公立大学の医学部医学科へ進んだ人もいます。 
Q6: 市川高校にはどんな人が多いですか? 
 A: 明るく前向きな生徒,思いやりがあり優しい生徒,真面目に努力することができる生徒,自律心があり規律を尊重する生徒が多いです。外部から来たお客様から「生徒の挨拶がしっかりできて気持ちのよい学校ですね」とよく言われます。95%以上の生徒が部活動に所属し,部活動と勉強を両立させながら,各自の目標を達成するため,毎日一生懸命頑張っています。 
Q7: 学園祭はどんな雰囲気ですか? 
 A:  毎年6月下旬,二日間にわたり「龍膽祭(りんどうさい)」が行われます。クラス企画,担任似顔絵,クラス旗,クラス代表によるのど自慢,合唱,創作ダンス,展示など,全学年対抗で競い合います。1年生も2年生も3年生も,最大の生徒会行事である学園祭に向けて燃えに燃え,メイン会場の体育館は,一足早く夏が来たように熱気に包まれます。サプライズゲストで「AKB48」が登場し,例年以上にヒートアップした龍膽祭もありました。











初年度に必要な費用について(概算)

市川高校へ入学して

 
 入学してわかった,
     市川高校ってこんな学校。

女子◎市川中学校卒業
高校に入学して驚いたことがあります。それは,中学校との雰囲気の違いです。
 中学校では,いつも先生に指示を出されて行動していました。しかし,高校では,先生に言われる前に,自分たちで考えて行動することが多いように感じます。また,先生の話を聞く態度は,中学校の頃よりもかなりよくなったと思います。
 日数にしてみれば,たった三週間程なのに,私たちは,『高校生』になるという一つの節目を迎えたことにより,大きく成長したのだと感じました。
 これからの高校生活を,今のような緊張した雰囲気を残しつつ過ごしていけると良いと思っています。そして,それが実現できるように心がけたいです。

   
男子◎若草中学校卒業
市川高校は,とても伝統校というのが入学して改めて実感しました。その伝統を受け継げるような三年間にしたいと思います。
 また,自分は野球部に入りました。野球部は,甲子園に出たことがある,とても強い高校です。自分から希望して野球部に入部したので,三年間,日々努力し,レギュラーになれるように頑張りたいです。
 そして,勉強もしなければならないということを実感しました。市川高校は,とても進学率がいいので,自分も毎日の授業の予習,復習をし,毎日の授業についていけるようにし,大学へ進学できるような学力を身につけられるようにしたいです。

女子◎市川南中学校卒業
私は,市川高校に入学して,自分が思っていたよりも先輩方がとても優しく,温かい学校でした。
 私は,市川高校で音楽を頑張りたいです。歌うことが大好きな私は,音楽部に入り,自分の力を伸ばしていきたいです。そして,部活だけではなく,勉強面も努力をしたいです。これからは,どんなことにも目標をもち,いろんなことをやっていきたいです。
 市川高校は,私が本当に行きたかった学校なので,今,すごくうれしいです。今のこの気持ちを忘れずに,毎日の高校生活を充実したものにしたいです。市川高校の生徒として,名に恥じないような行動を心がけたいと思います。

山梨県立市川高等学校

〒409-3601
山梨県西八代郡市川三郷町市川大門1733-2

TEL 055-272-1161
FAX 055-272-1164

地図google maps)

ご意見ご感想を info@ichikawa.kai.ed.jp までお寄せ下さい。

http://www.ichikawa.kai.ed.jp/php-bin/blog001/bplus/index.php

市川高校緊急連絡ページ